So-net無料ブログ作成
検索選択

長い闘病…まーそれほどでもないが [なげき]

1ヶ月ほど前の「ひるがのキャンプ」の2日目に、高山で転倒事故を起こした。約60kmでR60くらいの右カーブで、砂利に乗り上げ、転倒し、道路に打ち付けられた。

 足首の捻挫と膝の強打と外傷は我慢すれば良いが、肩を強く打ち、右腕は水平以上に上がらない。
大まかな体のチェックを行ったあと、バイクの状態をチェックする。 エンジンは掛かり、相方が試走してくる様子やエンジンの音も問題なし。ただハンドルがあらぬ方向に曲がってしまったので、これを元に戻す。

さて、どうするか。「ひるがのキャンプ場」まで100kmぐらい、しかもぽつりぽつりきている。
病院に行く必要があると判断したが、京都まで戻れないだろうか。それとも高山で探すか…

 結局、KTMにまたがり、「ひるがの」まで走ってみることにした。途中でオートバイに不具合が出るかもしれないので、慎重に…

相方は今晩のキャンプで飛騨牛が食べたいようで、高山のスーパーに寄り、肉と湿布薬を手に入れる。だんだん右足首が腫れ、歩けないほどになったが、なんとかバイクには乗れる。1時間半ほどで、「ひるがの」に到着したが、もう膝から下が腫れ、歩くこともできない。トイレも相方の肩を借りて何とか済ませるほどだった。

 翌日、荷物などを宅急便で送ってもらい(相方には何度も往復してもらった)、京都まで走ってきた。前日の夜と同様、足の腫れと肩の痛みが引かなかったので、相方には京都まで同行してもらった。この日にソネブロの皆さんとのキャンプを楽しみにしており、「一人で帰れるか、私はキャンプに行きたい」というのを曲げて、一緒に帰ってもらった。

(ソネブロの皆さんドタキャンでごめんなさい) 

夕方に京都市内の日赤で診断してもらったところ、骨は折れていないとのことで安心したが、肩は「亜脱臼」とのことで、肩甲骨の関節が少しずれているとの事だった。医者によれば「ほおっておくしかない」とのアドバイスだった。


仕事があるので、翌日湘南へ戻り、びっこを引きながら都内を駆けずり回った。東京の青山、ビッグサイト、目黒と目が回るほど。それが良くなかったのか、びっこを引くことはなくなったが、足首の捻挫、膝の渋さ、肩の違和感はまだ残っている。 約1ヶ月経過したが、完治していない。しかし、落ちた筋肉を取り戻さねばならないので、チャリのトレーニングを少しづつ開始している。

以上が相方が「アクシデント」とBlogに書いた顛末である。 

私は、30年ほど前に、札幌を出発して阿寒の下りでやはり転倒している。250ccのバイクは前に2回転、後ろの連れも転倒に巻き込んでしまった。この時は半月板にヒビが入った。しかしツーリングはやめなかった。その日に知床峠をめぐり、サロマまで650km程を走っている。なぜこのツーリングに固執したか。この連れと、かつて、1日で970km程を走ったが、パンクのため24時間をオーバーして、1000kmに及ばなかった。そのリベンジで引くに引けなかったのだ。だがサロマで心が折れてしまった。

しかしもう歳だ。みなさんもお気をつけられ。 


nice!(9)  コメント(11)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 9

コメント 11

ローキン

お見舞いポチッです。
治りがけに無理するとあとあと残りますので、お大事にしてくださいね~!

by ローキン (2013-06-14 09:29) 

お茶屋

お見舞いのnice!を☆ お大事にでございます!
by お茶屋 (2013-06-14 10:37) 

micyu

takさん
こけました。僕は普段、ツーリングの途中に温泉には入りません。風を引くから、というのがその理由ですが、今回は残念ながら入ってしまいました。緊張感が途切れていたのかもしれません。

キャンプ行きましょうね。キャンプ道具を京都から持ってきておきます。

ローキンさん、お茶屋さん、ご心配おかけします。もう大丈夫です。
by micyu (2013-06-14 21:16) 

akipon

KTMに乗った後に、ホンダ車に乗ったらメチャクチャ運転が
楽でした。
KTMを乗りこなすには、一瞬の隙も許されないのかもしれません。
僕には無理かな・・。
早く回復しますように。
by akipon (2013-06-15 01:15) 

micyu

Akiponさん、こんにちは。
KTMに乗られましたか(笑 とっつきにくいバイクですが、乗りなれるとそれなりに運転できるようになります。最も楽しのがコーナリングで、かなり無理が効くのが特徴でしたが、今回は腕が付いて行きませんでした。
さて、爺さんですがもう少し訓練してみようかなと…
by micyu (2013-06-15 08:09) 

POP

お見舞いのNice!です。
転倒すると身体もですが心にも
強い傷を負ってしまうように思います。
若いころは激しく転倒して救急車で、
よく運ばれたものですが、
歳とともに転倒による身体もですが心のダメージが
大きくなってきた気がします。
今はもう限界の半分以下で安全マージンと
とって走っています。
それでも転倒の危険はありますが、
それがないと楽しくないのかもしれませんね。
by POP (2013-06-15 12:06) 

micyu

POPさん
いっもお医者さんらしい診断?、いいえ分析で、考えさせられます。野外の仕事で訓練され、転倒直後はかなり冷静な対応をしているようですから(周りの人間にしか分かりませんので、彼らの事故後の意見です)、現場では良いのですが、その後は、「弱気」な運転になったと言われました。
自分では感じない、抑制が働くのでしょうね。

POPさんとご一緒したのは1度だけだと思いますが、あの華麗な走りは印象的でした、みんなそこそこ速いバイクを持ち寄ったのに、確かBaliosで、全開でコーナーを回っていく姿は惚れ惚れしました。またご一緒したいですね。

by micyu (2013-06-15 15:29) 

るぐっちぃ

お見舞い申し上げます。
まだお痛みがあるようなので、ご無理なさらずお大事になさってください。
by るぐっちぃ (2013-06-19 07:21) 

micyu

るぐっちさん ご心配おかけしましたが、梅雨明けにはオートバイ再起できそうです。またよろしくお願い致します。
by micyu (2013-06-20 07:45) 

T2

遅ればせながら、お見舞い申し上げます
だいぶ良くなられておられるようで、よかったです
“砂利”は怖いですね・・・
by T2 (2013-06-22 06:57) 

micyu

T2さん、こんにちは。かなり焼き(?)が回ってきています(汗
リハビリも順調ですので、今度は「ひざあて」を忘れずに乗ろうとおもいます。
by micyu (2013-07-13 07:48) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。